amazonマーケットプレイスとは・・・

 

情報収集をするには、インターネットが便利ですが、
より信憑性の高い情報を得るためには、書籍の方が確実です。

そのため、私はなるべく積極的に本を読むようにしています。

時間に余裕があれば、本屋に行くのですが
意外と、それだけでも気分転換になるものです。

ですが、出かける時間が取れない時や
マニアックで一般の書店には置いていない
本がほしい時にはamazonで購入します。

言わずと知れた、世界最大のネット書店ですね。

amazonなら、どんなにマニアックな本でも
ほぼ確実に手に入りますし、自宅まで配達
してくれるのも、かなり便利です。

しかし、稀にですがamazon自体には在庫がない本もあります。

ですが、そんな時でも中古の本を
手に入れることが出来るようになっています。

それがamazonマーケットプレイスというものです。

これは、amazonが直接販売しているのではなく
個人からリアルの書店まで、様々な出品者が
amazonを通じて販売する仕組みです。

この仕組みがあるおかげで、出品者は簡単な登録だけで
amazonでの集客・販売ができ、購入者にとっても直接
取引するより、安心して購入することができます。

つまり、どちらにもメリットがあるという仕組みです。

そして、このマーケットプレイスを活用して
大きく稼いでいる人が存在するのです。

それが『せどり』というものです。

元々は、古書売買の業者によって行われてきたものですが、
ネット環境の発達と共に個人で行う人が増えてきました。

今では、ネットビジネスの一つのジャンルとして
定着し、オークションと並んで初心者にも人気の稼ぎ方となっています。

基本的には、安く仕入れて高く売るという
商売の基本原理通りのビジネススタイルです。

実際の手順はオークションと似ていますが
一つ違うのが落札で価格が上がらないこと。

出品時の価格でしか販売できないので
オークションのように予想外の高値が
つくということはありません。

ですが、入手困難で状態のよいものなら
多少高くても売れますから、掘り出し物を見つければ、

大きく稼ぐことは可能です。

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: amazonせどりスタート編   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

この記事のトラックバックURL :